ボッチャについて

ボッチャのルールは子どもの教育にとってもいい。

KOJ

こんにちは、作業療法士でありボッチャ指導者のKOJです。

ボッチャの講師依頼があって親子レクや子ども向けに行うことがあります。

ボッチャはルールが簡単だしすぐに楽しめるようになるんですよね。

低学年のこどももすぐ覚えれるしルールを守ろうとします。

スポーツが得意な子も男の子も女の子も一緒に出来るし上手くいけば「やったー」って楽しそうにみんなで喜んでいます。

でも、ボッチャの正式なルールでやろうとするとつまらなくなることがあったんですよね。

そこで今回の記事ですが「ボッチャのルールを子ども向けにしてみよう」についてです。

  • ボッチャは子どもでも楽しめるのかな?
  • ボッチャを子どもにやらせたいけどどういう風にやらせよう・・・
記事の内容
  • ボッチャは子どももできるのかについて
  • ボッチャのルールを子ども向けにする考え方
KOJ

それではボッチャのルールは子どもにも楽しめるようになるのかについてお話します。

ボッチャのルール

ボッチャのルールは以下の通りです。

今回はジャックボールを投げるのを赤とします。

  1. ジャックボールを投げる
  2. ジャックボールを投げた方がカラーボールを投げる
  3. 違う色の方がカラーボールを投げる
  4. ジャックボールから遠いカラーボールの方が投げます
  5. 各6球のカラーボールを投げ終わったら点数計算

ジャックボールを投げる

まずは、ジャックボールをコートに投げ入れます。ジャックボールを投げる場所は決まっていませんので投げないところに投げます。

自分が勝てそうなところに投げましょう。

ジャックボールを投げた方がカラーボールを投げる

ジャックボールを投げ終わったら次はジャックボールを投げた赤がカラーボールを投げます。

ボッチャはジャックボールに自分が持っているカラーボールが近い方が勝ちというルールです。

ジャックボールに最終的に近くなるように戦略を立てて進めていきましょう。

違う色の方がカラーボールを投げる

先ほど赤がカラーボールを投げたので青がカラーボールを投げます。

一手二手先を読みながら投げていきます。

始めのうちはとにかくジャックボールに近づけるように投げましょう。

ジャックボールから遠いカラーボールの方が投げます

ここから特殊なルールになります。ボッチャならでわのルールなので、この順番は崩さないようにしましょう。

とにかくボールがなくなるまでジャックボールから遠い方のカラーボールを投げます。

各6球のカラーボールを投げ終わったら点数計算

各6球を投げ終わったらエンド終了です。

どちらがジャックボールに近くて、何点なのかを計算しましょう。

ルールをもっと詳しく知りたいひとはこちらの記事をご覧ください。

ボッチャのルールを画像で解説。これを見ればボッチャのルールがまる分かり!これをみればボッチャのルール(ゲームの流れ)が一目瞭然。ばっちりわかるんじゃないでしょうか?...

子どもの発達に重視すべき課題

友達や性別や年齢を越えた関わり方

核家族の拡大によって3世代の交流はかなり少なくなっています。

こどもたちは高齢者にどのように接したらいいか分からないこともあります。これは障がい者に対してもそうです。

自分の親や兄弟以外のひととの関わりに困惑し上手く人と関われないという課題があります。

集団や社会のルールを守る

ひとりっ子という家庭も多くなっています。

我慢をしたり、人に合わせるということが苦手という課題を抱えたお子さんはいっぱいいます。

幼稚園や学校、社会に出ることでその場のルールを守るということが必要になっても我慢ができずにルールを守れない。

感情を表現する力

兄弟がいれば喧嘩して怒ったり、一緒に遊んで笑ったり。

現代社会ではゲームという仮想空間で楽しむことができる時代です。

しかし、その空間のなかで楽しい・悔しい…そんな感情を表現することは少ないです。

失敗したらやりなおせるという感じで

実際に人前にでると感情を表現することが苦手なことがでてきます。

ボッチャは子どもの発達を促すのに向いているんじゃないかな

ボッチャは対戦相手がいるスポーツです。

その対戦相手も高齢者から障がい者でも一緒にできてしまうのですからすごいスポーツです。

また、細かいルールはさておいて投げる順番などルールに合わせて行うことで集団でのルールを守るという経験になります。

そして勝負ごとですので勝った時はガッツポーズしたり自然に感情が表現されます。

ボッチャは楽しいから。

こうやってみると、ボッチャは教育の面で優れたスポーツだなと思います。

道徳の授業で取り入れられるに違いない!

ボッチャのルールを子ども向けにする考え方

子どもには楽しいを一番に感じて欲しい。これをテーマにボッチャのルールを子ども向けにする考え方を提案したいと思います。

ボッチャのルールで投げる順番は変えない

ボッチャの投げる順番は変えないようにしましょう。投げる順番が変わってしまうとボッチャではなくなるからです。

ボッチャのコートのサイズは自由でスローイングボックスの数はこだわらない

ボッチャのコートのサイズは部屋の広さに合わせて自由に作りましょう。ボッチャのコートの方にが出来れば大丈夫です。

スローイングボックスの数は6個かならず作る必要はありません。赤と青で別れればいいのでコートの半分に線を引き2つに分けて作るのもありです。

ボッチャの細かいルールは大体で大丈夫

例えばスローイングラインを少しでも踏んだらファールというルール。

ボッチャを楽しむと白熱してラインを少し踏んで投げてしまうことがあります。いちいち試合を止めずに大きく足を出した時だけ注意するくらいで大丈夫です。

色んな人と一緒に楽しむということをボッチャのルールを子ども向けにする時は意識しよう

まとめ

ボッチャは子どもでも誰でもできるスポーツです。しかし、細かくルールに縛り付けるのではなくボッチャが楽しいと思って色んな人と交流できるようにボッチャのルールを子ども向けに変えてやってみて下さい。

子ども向けにルールを変える時のポイントは

  • ボッチャのルールで投げる順番は変えない
  • ボッチャのコートのサイズは自由でスローイングボックスの数はこだわらない
  • ボッチャの細かいルールは大体で大丈夫

ボッチャは誰でもできるスポーツです。子どもの発達にも教育として取り入れるのはすごくいいなと思います。

KOJ

一緒にボッチャを楽しもう。

ボッチャする時におすすめのTシャツ!まわりの参加者に差をつけよう。ボッチャする時におすすめのTシャツをボッチャ大好きなKOJがデザインしています!ボッチャするまわりの参加者に差をつけよう。注目されること間違いなし。...

ボッチャは年齢・性別・障がいも関係なく楽しくできるスポーツです。

【ボッチャ(Boccia)】これをみれば初心者でもボッチャが全てわかる。地域活動にも生かせる! KOJ こんにちは、作業療法士でありボッチャ指導者のKOJです。 ボッチャはヨーロッパで生まれ障がい者のために考案されたスポー...

レッツチャレンジ!

ABOUT ME
KOJ
・「KOJのボッチャ教室」のブログ管理者 ・作業療法士 ・ボッチャ指導者 ・女の子と男の子の二児の親